文字サイズ

セミナー案内

※参加ご希望の方は、セミナー参加申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上当協会事務局宛、

 FAXにてお送り願います。

 

令和2年度 実施事業

広島経協記念講演会(4月23日開催予定が中止)
社会保険・労働保険の実務ポイントセミナー(5月19日開催予定が中止)

「同一労働同一賃金」最低限着手すべき改善案のつくり方セミナー  

                      (6月9日開催予定を10月19日に延期)

懇談会(5月26日開催予定を12月10日に延期)

企業と従業員を守るハラスメント対応実務セミナー(6月23日開催予定が中止)
女性管理職養成セミナー(7月17日開催予定が中止)
事務部門の生産性向上実務セミナー(8月18日開催予定が中止)
第一種・第二種衛生管理者受験のための対策講座(8月26日27日)
人事評価者訓練講座(9月10日開催予定が中止)
70歳現役社会を見据えた賃金・賞与・退職金対策セミナー(9月29日)

定年前後社員への年金・社会保険等、説明のための知識習得セミナー(10月13日)

「同一労働同一賃金」最低限着手すべき改善案のつくり方セミナー(10月19日)

人事戦略セミナー(11月11日開催予定が中止)
リーダー養成研修会(11月18日開催予定が中止)
“問題社員”の法的対応と実務対策セミナー(12月18日開催予定が中止)
広島経協設立記念講演会(2月1日開催予定が中止)

令和2年度 実施予定事業

 

基礎から学ぶ!年末調整実務入門講座 ♦定員に達し、募集を締切りました。

   ~問題演習を中心に年末調整の仕方を身につける~

  日 時 令和2年11月17日(火)13:30~17:00  
  会 場 広島商工会議所ビル
  講 師 酒井文一税理士事務所 税理士 酒井 朋子 氏
  参加費 会員 1名 7,000円 (会員外 1名 10,000円)

 

入社から退職までのトラブル防止対策セミナー

   ~労務トラブルを起こさないための処方箋を伝授~

  日 時 令和2年12月2日(水)13:30~17:00
  会 場 広島商工会議所ビル
  講 師 広島総合社会保険労務士法人 代表社員 石井 孝治 氏
  参加費 会員 1名 7,000円 (会員外 1名 10,000円)

 

会員懇談会 ♦会員企業対象♦
  日 時 令和2年12月10日(木)14:00~16:00
  会 場 広島商工会議所ビル
  テーマ 労基法違反をめぐる監督・指導の状況について
  講 師 広島労働局労働基準部 監督課担当官
  参加費 無料

 

 

会員勉強会 ♦会員企業対象♦(12月上旬正式ご案内)
  日 時 令和3年2月9日(木)14:00~16:00  
  会 場 広島商工会議所ビル
  テーマ 働く女性のリーダーシップ
  講 師 一般財団法人女性労働協会 女性就業支援専門員  畠山 初美 氏
  参加費 無料

 

 

 ※各セミナーの詳細については、随時、ご案内させていただきます。なお、セミナーに関するお問合わ

  せは事務局までお願いいたします。

 ※講師の都合により、開催日ならびに予定会場が変更となる場合もございますので、

  予めご了承願います。

 

 

経営労働法研究会  

令和2年度会員募集 ー募集を締め切りましたー

経営労働法研究会は、当協会顧問弁護士23名(経営側弁護士)が持ち回りで講師を担当し、人事・労務管理に係わる内容等について、労働判例や命令等を中心に勉強するため、昭和48年に設置されました。

40年を経過した現在も、研究会員からは、会員相互が話しあえる場として、大変ご好評をいただくなど実績を重ねています。

 

 

 ○研究会の定員は70名程度とし、年度内に4回開催します。

 ○入会申込期限を3月19日(木)とし、別紙入会申込用紙によりお申込み願います。

 ○研究会は、非公開とし、原則としてご登録いただいた会員または、代理者の他は出席できないものと

  します。

 ○令和2年度会費

  ・広島県経営者協会の会員の方が入会される場合    43,000円

  ・広島県経営者協会の会員でない方が入会される場合    57,000円

   ※会費は、弁護士に対する謝礼、資料代、会場費等に充てます。

     ※会員か会員外かについては、事務局までお問合せ下さい。

 ○令和元年度に研究会で取り上げたテーマを掲載します。

  【1回目】・パートタイム労働者、有期雇用労働者に対する今後の雇用管理

  【2回目】・第三者行為災害における被害者と政府の16条請求の調整

       ・労働契約法20条をめぐる裁判例の収集・整理の重要性

       ・能率手当と非効率的な時間外労働の抑制

  【3回目】・セクハラを理由とした懲戒処分の有効性

       ・懲戒処分の公表と名誉毀損

       ・夜行バス交代運転者の車中仮眠時間の労働時間性

  【4回目】・契約更新と労契法20条の不合理性の関係

       ・労働契約の自由とその制限の在り方

       ・正社員の手当減額により労契法20条違反が解消したとされた事案

       ・示されるべき管理監督者性の論理的判断基準

       ・病気休暇・休職と労働契約法20条

 

  ご入会いただける場合は、申込み用紙をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、

  広島県経営者協会宛、郵送にてお送り願います。

  なお、内容についてのお問合せも、事務局までお願いいたします。